現在こちらのブログは私sagakitの近況や愚痴などのぼやきを含めた全ての記事となっております。
ドール関係やフィギュア等創作活動のみの記事は美卯庵の方で書いていますのでこちらへ行って下さいです。

2008年03月03日

宇宙エレベーター

昨日、テレ朝の「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」を見て
気になったので調べてみますた〜

番組内容は

お年寄りから子供まで120万円で宇宙にいける時代がやってくる!
まずは宇宙エレベーターの発着所が建設される赤道付近に向かう。
普段着のまま乗車してOK。
エレベーターは時速600キロで上昇。
ゆっくりとスピードアップしていくので人体に大きな負担はない。
3万6千キロ上空、静止軌道上の宇宙ステーションに到着。
地球の青さを目の当たりにすることができる

っと言うもの^^
ちなみに本文相当長いです(*゜▽゜*)

ここで気になったのは「宇宙エレベーター」?
私は軌道エレベーターで慣れていたのでちょっと違和感(^_^;)

調べてみると
軌道塔、宇宙エレベータ、同期エレベータ、静止軌道エレベータ
珍しいところでは
旧ソ連のユーリ・アルツターノフの命名から「天のケーブルカー」
旧約聖書(創世記)のヤコブの話にちなんで「ヤコブの梯子」
イギリスの童話『ジャックと豆の木』から「豆の木」
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」(最後切れちゃうから縁起が悪いと嫌われる事もあるらしい)
などとも呼ぶ事も有るらしいと..._〆(°▽°*)
結構多いのですな〜

しかし、地球の模型で説明していたのですが静止軌道ってあんなに遠かったのね^^;
まぁ36.000kmですから確かに地球の直径の三倍近く…
実際模型でも見てみると凄い実感が沸いてきて良かったです。
ちなみにガンダム00では50.000kmだったりw

色々調べてみた結果、結構難しいらしいですな〜

理論的には
静止軌道上の人工衛星から地上に達するケーブルを垂らし、
そのケーブルを伝ってエレベーターのように昇降するってものなのですが、

これ理論上では可能なのですが人為的な問題が一番っぽいのですよ
まぁこれだけ大きいものですから色々あるのは当たり前なのですが、
番組内では建設費は1兆ちょっとのお金って言ってましたがあくまで
あれは単純に建設にかかる費用だけだったり(^_^;)
実際、作った後のが大変w
宇宙には「スペースデブリ」…
簡単に言うと宇宙ゴミです^^
これ秒速7〜8kmくらいあって当たったら凄い威力です。
こんなのが大量にただよってるのが現状…
00では上空10.000kmに防御シールド張ってるけど実際そこだけ張ってもね〜w
まぁそれはさておき、
他にも作った後にどこの国が運営して行くかとかね^^
デブリ処理やその他補修なども含めて相当の維持費がいる模様。
その分、利益も計り知れないので国家的に強国にとってはできれば欲しいものでしょうしね。
そして一番の問題はテロ!
静止軌道上のコロニーは途中を爆破などで強い力で引かれた場合、
地球の引力の問題で落っこちてくる可能性もあます。
(00のような50.000kmの場合は相当引かれない限り逆に離れていくだけですけどね)
軌道衛星が落ちた場合……
大気圏外から落下する軌道エレベータの破片は、
ちょうど数珠繋ぎの隕石のように地球に落下して、かなり広い帯状の地域がダメージを受けて
規模にもよりますが、「核の冬」のように塵が大気圏内に舞い起こって、
植物の枯死、人類の大量死、生物の大絶滅に至る可能性がある。
まぁこれも机上のうえでの考えですが、可能性としてはおおいにあるのです。

う〜ん、これガンダムのコロニー落しみたいな結果になるね〜(-ι_- )クックック
まぁ00では衛星ごと落ちて来る事はないんだけどねw
あっ防御シールド張ってる衛星部分は落ちて来るのかo( ̄^ ̄ o)プィッ!
落ちてもコロニーごと破壊すれば平気だけどねあの世界のメイン衛星は落ちないから^^
こんな安直な事はさすがにしないと思うけどw

まぁテロばっかりはね〜(^_^;)
こんな感じで結構厳しい感じ……(T_T)
平和になれば♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪ なんですけどねw

今回調べてみて驚いたのは、
00が軌道エレベーターについては結構調べられて作ってあることw
エレベーター落しやったら前言撤回しなきゃだけどね(^_^;)

最後にケーブル部分に期待されてる新素材カーボンナノチューブについて
え〜構造関係に関しては訳わかりませんw
なので簡単に凄いってところで
アルミニウムの半分という軽さ、鋼鉄の20倍の強度
(特に繊維方向の引っ張り強度ではダイヤモンドすら凌駕する)
と非常にしなやかな弾性力を持つ……

まぁ簡単に言うと軽くて硬い!

これ1991年と発見されてからあまり期間たってないから大量生産できないらしく
大掛かりな建設にはこれまた難しいらしい(T_T)

っと結構辛いのかな〜と思っていたのですが、
LiftPort Groupと言う企業グループでは2018年4月12日に開通って(゜ロ゜ノ)ノ
約4年前ほどの記事になるのですが、
詳しく調べてみると今回番組の元になったのはこの企業グループだったようですw
このグループの最新の計画表では2031年に開通って事になってました。

が!

ちょっとまってこれって、四年前の計画では2018年で今回は2031年……
しかもこの計画表では前回の予定より大幅に遅れてるって書いてあるようで(^_^;)
資金も足りないらしく大スポンサーができない限り無理っぽいw

でも確実に実現には近づいてるのですね〜
科学・技術オタクの私としてはとても楽しみです(´▽`)

ちなみにこの中で動力に使われているライトクラフトについては後日にでもw

posted by sagakit at 16:45| Comment(0) | 科学・技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。